検索

第7回 「東アジアと自然災害」研究会 2022.5.10


今回の研究会では、それぞれ異なるフィールドで被災地の研究を行ってきた研究者たちにより、被災地における社会的紐帯に関しての研究発表を行います。発表後には総合ディスカッションを行い、災害発生時、また復興に向けて社会的紐帯がどのように機能するのかを議論します。



テーマ:「被災地における社会的紐帯」


日時:2022年5月10日(火) 12時00分〜16時00分


開催方法:ZOOM meeting


参加申し込みフォーム:kankokugaku814@gmail.com



【プログラム】  

12:00-12:10  開催趣旨説明 李仁子(東北大学・准教授)


12:10-13:10  ①小西賢(東北大学・博士後期課程) 「津波復興祈念資料館「閖上の記憶」の紐帯とネットワーク」


13:10-13:30   質疑応答


13:30-14:30  ②上之郷奈穂(東北大学・技術補佐員) 「大相撲の力士と慰問」


14:30-14:50  質疑応答


14:50-15:00  休憩


15:00-15:20 コメント・総評 李仁子(東北大学・准教授)、金谷美和(国際ファッション専門職大学・准教授)


15:20-16:00  総合ディスカッション 李仁子、金谷美和、佐藤悦子、上之郷奈穂、小西賢