​事業概要

​東北韓国学フォーラムの設立と目的

 東北大学における本韓国学フォーラムは研究代表者である李仁子准教授の推進のもと、韓国学中央研究院(The Academy of Korean Studies)の2019年海外韓国学発展支援事業の支援により始まった事業です。本フォーラムの研究では、東北地域を中心に在日コリアン等少数集団の災害研究をはじめ、歴史・宗教・社会文化学など幅広い韓国学研究を目指しております。未だ行われていない在日コリアン等少数集団の災害経験に関する情報の蓄積を成すとともに、東北地域の韓国学研究者間のネットワークを繋ぐことは東北における韓国学の基盤づくりに繋がると期待しております。これからも研究者のみではなく学生、市民と連帯を重んじ、研究・調査・国際交流を活発に行って行きます。

​事業内容

​ 本韓国学フォーラムの事業内容は、若手研究者育成のための教育事業と、人文学的アプローチによる研究事業に分けられます。教育事業としては、人文学を中心に様々な韓国学基礎講義や、韓国学研究者や災害専門家を招へいして行うセミナー・フィールドワーク・国際交流・ワークショップ等があります。また、韓国学に関する研究を行っている大学院生を対象にプロジェクトを公募し「金起林奨学金」を支給します。研究事業としては、東北地域を中心に在日コリアンの災害経験をフィールドワークを通じて収集・分析します。災害研究は量的調査や物的な物差しのみでは限界があります。災害は科学のみでは説明できない歴史的・社会文化的現象でもあるからです(Bankoff 2003)。少数集団の被災経験や生活を質的・双方向的に調査することは、災害文化研究をより豊かにすると共に、全人類的な問題としてのリスク社会に対する理解とその対処法を見出す手掛りとなるでしょう。

​2019年10月21日

東北 韓国学フォーラム

東北大学大学院教育学研究科 韓国学フォーラム

〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内27-1 東北大学文科系総合研究棟 807室

Copyright © 2019  Tohoku Korean Study Forum, All Rights Reserved.

​東北韓国学フォーラム