検索

第1回 「コロナ禍の中の在日外国人」 連続セミナー 2021.6.18

東北韓国学フォーラムでは、「災害と在日外国人」をテーマに連続セミナーを開催いたします。パンデミックという名の災害によってグローバル時代を生きる我々は、突如として国際間の移動制限が課せられ、生活は一変しました。この連続セミナーでは、これまで国境を自在に往来することを前提に日本で暮らしてきた外国人の生活がどのような影響を受け、どのような変化を余儀なくされたのか、コロナ禍を生きる在日外国人の実態に迫ります。今回のセミナーでは、「外国人は災害弱者なのか?」をテーマに、災害以前のグローバル時代を生きる在日コリアンの日常と災害時の在日コリアンの支援活動について、2名の講師に講義をしていただき、参加者によるディスカッションを行います。



講師: 金セッピョル(人間環境研究所・特任助教)

    李仁子(東北大学大学院教育学研究科・准教授)


講義テーマ:「外国人は災害弱者なのか?」


日時:2021年6月18日(金) 15時〜17時


開催方法:ZOOM meeting


参加申し込みフォーム:kankokugaku814@gmail.com.



【プログラム】 司会:佐藤悦子(東北大学・博士研究員)


15:00-15:10 開催趣旨説明 李仁子(東北大学・准教授)


15:10-15:40 金セッピョル(人間環境研究所・特任助教)

15:40-15:55 質疑応答


15:55-16:25 李仁子(東北大学・准教授)

16:25-16:40 質疑応答


16:40-17:00  総合ディスカッション