検索

第2回 「東アジアと自然災害」研究会 2020.7.25

今回の研究会では、「紐帯の研究手法」をテーマに、2名の先生にお話を伺います。二階堂裕子先生からは在日コリアンの関係性と生活世界に関するライフヒストリー研究についてご発表いただきます。また、金谷美和先生からは、インド西部地震のフェーズごとの社会関係についてご報告いただき、総合ディスカッションでは被災地の社会的紐帯の変化をいかに捉えるのかを議論します。


発表者:二階堂裕子(ノートルダム清心女子大学文学部・教授)

    金谷美和(国際ファッション専門職大学・准教授)


テーマ:被災地の社会的紐帯の研究手法-在日コリアンとインド西部地震の事例から 日時:2020年7月25日(火) 14時〜17時 開催方法:ZOOM meeting 参加申し込みフォーム:kankokugaku814@gmail.com. 【プログラム】   14:00-14:10  開催趣旨説明 李仁子(東北大学・准教授)


14:10-15:00 二階堂裕子(ノートルダム清心女子大学・教授)

     

15:00-15:50 金谷美和(国際ファッション専門職大学・准教授)


15:50-16:00 休憩


16:00-17:00 総合ディスカッション